鮮度0%(ゼロパー)

ネタに鮮度は無くても、借り物ではない自分の言葉を書き尽くす事 これがモットーなり

関係ない人が知りたがるのはともかく言いたがるのはいかがなものか?ちょっと怖い日本の風潮

こんばんは、「さるびー」です。

先ほどネットでニュースを眺めてみますと

headlines.yahoo.co.jp

こんなニュースを発見。見れば斉藤由貴氏側から、出演を辞退したいとの申し出があったとか。その申し出した理由...それは言うまでもなく

医師との不倫問題

でしょうね。確かに人気商売ですから、イメージ面からも仕方がない事かも。

でも日本って過剰反応なのか

先日新聞でちょっとした読んだコラム。とかく不倫問題等で日本は過剰反応過ぎるのではという内容。書いてあったのは

愛の国「フランス」では決してそんな事はない

という主張でした。「愛するという事」は、感情で抑えれられるものではないもの。理性でわかっていても愛してしまうものなんだと。さすがに愛の国の考え方です。

そんな愛の国の考え方

とはいえ「不倫」というのは本来許されるべきではないもの。さすがにフランスでも賞賛されているわけではもちろんなく、日本での風潮に違和感のあるのが

関係のない人にまで謝罪している

ことらしいです。「不倫」をする...それによって家族はもちろん迷惑がかかるでしょう。信頼を失うことにも。なので、家族に誠心誠意の謝罪は当然。しかし

迷惑をかけていない人にまで謝罪するのはいかがなものか

ってことらしいですね。

では日本では

確かに謝罪会見があちらこちで見かけます。ただ愛の国の人のように、

謝罪会見がおかしいとは思いません

それは芸能人の方ってスタッフの方やスポンサー企業には大迷惑かけるから。だから謝罪はしなくてはね。ただ、

迷惑がかかってない僕ら一般人までにはいいかな

とは思います。それなのに、日本のメディアって全国民の敵のような報道しがちなのが気になります。そもそもその謝罪って謝るべき対象の方だけのものなのに、関係のない人にまで見せるのが、いかがなものかと。そして

関係のない人が、ネットなどでディスる(侮辱する)

のに違和感があるかな。好奇心はいいとして、迷惑がかかってないのにアレコレ言っていい雰囲気に。そしてそれが正義のように思ってしまうのがちょっと怖い感じがしてます。

なんか言いたい事がうまく伝えられませんので、何となく言いたい事を下記の動画で確認していただけますでしょうか(^_^;)。借り物ではない自分の言葉を書き尽くせなくすみませんm(_ _)m。


【リーガルハイ2】第9話の名言「冗談じゃない!!!」