鮮度0%(ゼロパー)

ネタに鮮度は無くても、借り物ではない自分の言葉を書き尽くす事 これがモットーなり

スポーツ選手や芸能人の一流の人がしてこそニュースになる「引退発表」

こんばんは、「さるびー」です。

いきなりですが、芸能界に突如として出てきたビッグニュース。そうご存知

安室奈美恵さんが引退

というニュースです。今から一年後に引退するとの事ですが、あの安室ちゃんのデビュー25周年で40歳というのも驚きですね。で、今回のニュースを聞いた時驚いたわけですが、同時にちょっと思った事が。それは

「引退」

という文字にです。

芸能界の引退って

まずあれだけ人気があり、最近もアルバムもかなりのセールスを記録したアーティスト。おそらくお金にも困らないんでしょう。その上で、なぜ引退なのか。

と、いうかそもそも芸能界に引退って必要あるのか。あれだけの地位と実績を上げた方ですから、自分のやりたい仕事だけをやればいいはず。仕事をしたくない、休みたいのであればそれもできる人でしょう。

このあたりがスポーツ選出とは違うところですね。

フィジカル面のキープが必要なスポーツ選手と比較して、メンタル面で復帰したい、もう一度やってみたいと思ったときやり直せる可能性があるのが芸能界ですよね。それだけに今回のニュースはビッグニュースでありながら、残念なわけです。

ただ、これができる条件ってある

んだと思う。これはスポーツ選手も芸能界でも同じ事だと思うんですが、

「引退」を発表できるのは一流である

ということ。そりゃーそうですよねぇ。発表してそれを世間に惜しまれる方...「引退」が発表できるのは、そんな方だけの特権だと思うわけ。ほとんどの人が、知らないうちにひっそりと引退している人がほとんどの世界ですから。

古くは山口百恵さん、そして安室奈美恵さん

人気と数々の伝説があったからこそ、彼女たちはまさしく惜しまれ「引退」発表をゆるされた人でしょうね。

ところで、同じ日に

こんなニュースが。

news.livedoor.com

某芸能人(?)の方も二年後に「引退」するとのこと。

有名人の方ですし、芸能一族の方ですし。確かに惜しまれる方もいらっしゃるのはわかりますが、僕的には

「引退」発表

を使える選ばれし人なのかなぁ~って思っちゃいました(^_^;)。皆さんはいかがでしょうか?