鮮度0%(ゼロパー)

ネタに鮮度は無くても、借り物ではない自分の言葉を書き尽くす事 これがモットーなり

昔からの鉄板ネタにまつわるデジャヴ 決定的方法でなく手を変え、品を変える事が大事

こんばんは、「さるびー」です。

昨日テレビを見ていると「健康でいるためのエクセサイズ」みたいな内容を取り上げているのを発見。我が家ではそれを見ながら、皆がエクセサイズ開始。

と、そんな姿を見ながら思った事は「まるでデジャヴ」。そう同じような事が何度も繰り広げられている感じがした次第です。

鉄板ネタ

この健康エクセサイズのような、何度も何度もメディアに繰り返して取り上げられる鉄板ネタ。以前から同じような事が繰り返されているなぁと思ってましたが、これテレビ番組だけではないです。いわゆるハウツー本も同じようなものが出されてますよね。で、これらの鉄板ネタ。改めて考えてみますと

  • ダイエットネタ
  • 整理整頓ネタ
  • 健康食ネタ
  • 健康エクセサイズネタ

大体このあたりでしょうか。これ昔からありますね。

まだ僕が小学校に入るか入らない頃、電車の吊り広告に

「食べながらどんどん痩せる本」

みたいなタイトルの宣伝があり、大きな声で太目だった母親に

『お母さん!痩せる本が売ってるよ!』

って言った時に、母親にこっぴどく怒られた事があるので、はっきりと覚えてます(^_^;)。

なぜこのような鉄板ネタは愛されるか?

これって消費者も気づいていますよねきっと。これらに効果を得るために共通して言えることは、

  • 即効性があまりない
  • 継続性が必要

ってこと。過去から色々な方法が流行っては、また新しい方法が流行るの繰り返しの状況で、実際決定的な方法がないんでしょうか。だから次々に新しい方法が取り上げられるのでしょうか。...これに対して僕は

決定的

というのは、実はどの方法も効果を出すには決定的な方法であると思ってます。ただ勘違いしているというか、「すぐに」「簡単に」「いつまでも」達成できる方法を、決定的と期待しているのに違いないのはと。となれば断言できる事と言えば、そんな魔法のような方法などこの世に存在するわけなく、いつまでも期待されている決定的方法などあらわれないでしょう。

この法則を活かす事ができないか

今後も継続するであろう鉄板ネタのデジャヴ。繰り返し言いますが「痩せる」「整理整頓する」等というのは即効性はあまりなく、継続性が必要なこと。であれば、逆に考えれば

何か新しい事を継続して達成できる方法を考える

ことができればデジャブを起こせるとも考えられます。昔から愛される鉄板ネタです、また新たな着眼点でそれらの方法を見つければ、それをもとにブログアクセスアップ、もしかすれば出版化も夢でないかも。

「その新たな着眼点が難しい!」

って?確かに。でも、続ければ確実に痩せたり、整理整頓ができるって方法って考えればまだまだあるはずでしょう。

効果が出ないから次...ではなく続ける事に飽きて次

なんですから。いやひょっとしてメディアは決定的な答えはわかっていながら、デジャヴを消さないようにあえて提言していないのかも。そうであるならば、まだまだチャンス。デジャヴを起こす何か...ないでしょうか。