鮮度0%(ゼロパー)

ネタに鮮度は無くても、借り物ではない自分の言葉を書き尽くす事 これがモットーなり

「クールビズ」の歴史から 何かが一般大衆に浸透する理由を考えてみた 

こんばんは、「さるびー」です。

お盆休みも終わりました。もう晩夏と言える季節ですが、相変わらずというかより不快指数が高くなった感じの暑さを感じる今日この頃。休み明けは鈍った身体と暑さで朝にはもう「ぐた~」ってなりますね。しかし考えてみれば、これでも随分マシになったもの。なんせ以前は

真夏でもスーツにネクタイ

でしたからねぇ。

クールビズの登場

ちょうど10年チョイ前に提唱されたクールビズ。でもその考え方っていうかコンセプトは随分以前からあったよう。ちょっと調べてみると1979年、時の大平正芳総理が提唱したというのが先駆けらしいです。しかし...

f:id:sarubee99:20170823202746j:plain

これは...あまりにもダサい

当時は「省エネルック」と言ったそうな。ネーミングセンスも時代を感じます。とはいえこのコンセプトは一部の人には脈々と受け継げられ、頑張って着用していた人もいましたね。記憶に新しいところでは...

f:id:sarubee99:20170823203421j:plain

羽田孜元首相。これまたやはり残念な感じ。ちなみに「ニューサマースーツ」と読んでいたそうですね(^_^;)。これもやはり残念ですな。

ではなぜクールビズは浸透した?

じゃ~「クールビズ」ってなんで浸透したんでしょうかねぇ。

  • 名前が残念でない
  • 半袖スーツという固定的なものでなかった

と一般的には言われているようですが、結局のところファッション業界が取り組みやすかったって事だったんでしょうね。

だって省エネルックではどうしてもオシャレにできない

ですから。あと差別化もできない。あれをどんな優れたデザイナーがとりくんだとしても、「カッコいいなぁ~」とならないですわ。となれば、作る側が現れないし着る人もいないわけです。さて「クールビズ」。

基本コンセプトが、ノーネクタイ&ノースーツ

単にこれだけだったことがよかったんでしょうね。これだけの設定なら業界は、

いかにオシャレなものが提案できるか...

という検討ができ、差別化も考えらえれるでしょうし。作る側がビジネスになると考えれば真剣に頭をひねり、そうすればいいプロダクトが誕生し、消費者は購買し...そして浸透していくんだと思います。

浸透するかどうかの決め手

これは結局「ビジネスになるかどうか」って事だと思うんですね。「バレンタインデー」「クリスマス」「ハローウィン」等々行事ものを眺めるとわかる「XX商戦」って言われるアレです。何かを仕掛ける時、それがXX商戦となりえるか...で、XX商戦となりえるために作る側にとって魅力(この場合は新しいものが提案できるか、差別化ができるかってことかな)があるか。

『浸透』とは、消費者がお金を払えるかどうか。

きれいごとや素晴らしいコンセプトだけでは難しいのが現実のようですね。