鮮度0%(ゼロパー)

ネタに鮮度は無くても、借り物ではない自分の言葉を書き尽くす事 これがモットーなり

気楽に接して疲れたくない方へ Facebook、Instagram、Twitterの使い方考

こんにちは、「さるびー」です。

長いお盆休みを過ごしてましたが、いよいよ終了に近づいてきました。長い休みで『あれをしよう、これをしよう』と頭を巡らせてましたが、道半ばな事が多い現状。何かをする上で時間があり過ぎるってのもよくないなと思った次第です。

さてそのお盆休みでやろうって思ってた事の一つが、

登録しているSNSなどネットサービスをどのように利用しようか...

という頭の整理。そんな事を長い休みでしようなんで誰も思わないかもしれませんが(^_^;)。

利用しているサービスを振り返ってみる

何でもやりたがる僕。Facebook、Instagram、TwitterをはじめTumblrにも登録中。同じ情報を拡散媒体として使うという方法もありますが、そこはそれぞれのサービスの特性と自分が発信したい情報を照らし合わせ利用したいもの。

例えば実名が基本のFacebook。これは本来自分の知り合いに対しての近況を発信するものだと理解してます。その近況発信という特性ゆえ、リア充アピールばかりウザイとおっしゃる方も。まぁ知人に発信したい近況ってリア充モノか、ヒトに聞いてほしい愚痴というかマイナス発言系。どうしても流れる近況がこんなのが多いんで、面倒に思い特に不要な方は使わないでしょう。ですがFacebookによって30年会ってなかった友人と再会するきっかけになったりで凄いツールだなっていう事もあります。なので近況など投稿が面倒だったりする場合は、知人にわかるくらいのプロフィールだけを登録しておくっていう使い方は結構おすすめだったりします。

次にInstagram。使っていておしゃれなイメージのインスタ。ただ先日後輩に『インスタってどうやって使うんですか?』って聞かれましたが、わからない人にはわかりにくいようですね。『いい写真がとれたら、コメントつけてアップすれば?』って答えたんですけど、インスタってそれ以上でもそれ以下でもないですよね。投稿者の近況や気持ちよりも、写真次第ってのがインスタ。あと

リア充だけでなくバーチャル充実も許される

のがインスタかなと。いい写真を撮影するためにある程度リアルでなくてもいいって許されている感じ。1コマ漫画っぽいイメージを僕はもってます。

最後にTwitterですが、これは「なう」に代表されるように、今の気持ちや感じている事、情報を発信するもの。このTwitterが僕には一番使い方が難しい。そんなに次々に発信する「今」なんてないですから。なので、Twitterの特性を生かした情報発信が苦手で、結局は情報発信はブログ更新リンク等であとはリードオンリーに。ですがリードオンリーに徹しても有効に働くのがコレで、電車が遅れた時なんかこれで皆さんのつぶやきをみて状況把握しますから。こんな時はホント便利ですね。

SNS疲れって言葉

人の投稿を見て、一喜一憂するのがつらい・疲れたってのが理由だそうで。このようにおっしゃる方を見て思うんですが、

自分の投稿への反応に期待しすぎるから

ではないかと思うんですね。自分の投稿に「いいね!」して欲しいから、ヒトの投稿にも反応しているマメな方が多いように思います。いい悪いかはわかりませんが、僕は無頓着な部分があって、投稿した情報がどれだけ見てくれたか...ってのはあまり気にしてません。

ブログは思いっきり気になりますけど。

自分の投稿に期待しなければ、他人の投稿も気軽に眺められますから。そうすれば本当に面白い・興味のあるものだけに反応できます。

という事で気軽なSNSと付き合い方

Facebook・・・知人から誰かとわかるくらいのプロフィールを編集のみ。気が向いたら近況を投稿(ただし、その投稿に対して反応を期待しない)。

Instagram・・・いい写真、面白い写真がとれたら投稿(これも反応を過度に期待しない)。いわゆるインスタ映えする写真を狙わない(つい反応を期待してしまうから)。あとは面白そうな1コマ漫画をながめる。

Twitter・・・リードオンリーで、欲しい今の情報を収集するツールに特化。

でいこうかなと。どうでもいいですが、もし気軽に使いたいって方はご参考に。SNSって面倒と思われる方もいらっしゃるかもですが、やはり便利なツールですからね。しつこいですが

自分の投稿に過度に期待しない

これが気楽に接するための必要十分条件だと思います。