鮮度0%(ゼロパー)

ネタに鮮度は無くても、借り物ではない自分の言葉を書き尽くす事 これがモットーなり

チーム力を高めるための一つの方法 全てを見せ合ったときに生まれる団結の法則

こんばんは、「さるびー」です。

本日より夏の高校野球が開幕。楽しみな季節です。プロ野球と違って個々プレイヤーの実力差はあっても試合の流れやチーム力によって勝敗がわからないってのが魅力ですよね。さて今日はそんなチーム力について考えてみようかと思います。

強いチームとは?

これは改めて書くまでもないですが、

  • 個人それぞれが最大限の力を発揮する
  • その力が同じ方向へ向かう

ことに違いありません。前者は個々のモチベーションをいかに高めるか、後者はチーム内の結束力をいかに高めるかという事になりますかね。

結束力を高めること

このアプローチは色々と考えられます。一番考えやすいのは、「同じ目標を持ちその目標へ向かう」って事でしょう。他にも色々あるとは思いますが、最近ある記事を読んで『なるほどなぁ~』と感じたこと...それが

裸の付き合い

です。「裸の付き合い」ってのは主に男性同志で言われる言葉でありますが、何もかも包み隠さず、心に衣をきせないで付き合うってこと。この隠し事をしないで付き合うってのが、結果的に結束力を高めるという話です。

何を隠さないとチーム力が高まるか?

先日某新聞に掲載されていた放送作家の鈴木おさむ氏の「I先生の授業」というコラム。このコラムでは、おもしろく子供達に人気のあったI先生の今では考えられない授業について書かれてます。その授業とは

  • 毎年行われ、生徒達に嫌がれていた
  • それは好きな女の子(男の子)を全員皆の前で言わされる

という授業。今の時代では大いに問題になるでしょうね(^^)。ですが、当時実際にI先生は毎年この授業を行い、みんな赤面しながら公然と告白していたそうな。

で、そんな恥ずかしい告白の後のクラスはどうなったか?みんな一緒にお風呂に入ったような気持ち、つまりは全てを見せ合ったような気持ちになって団結力が生まれたってことになったようですね。なるほど...です。

思うに全てを見せ合うが効果を発揮したわけですが、これは恥ずかしい部分、つまりは本来隠しておきたいところを共有したからこそ、みんな同志として認識したんでしょうね。自慢話を披露しあってもこうならないのは明白。いや逆に反感が生まれるかな。

「ウィークポイントの共有」こそ団結力のもと

になっていると思います。

で、僕も皆さんに好感をもってもらうために

恥ずかしい話を。中学生のころ友人と、先にあげたように好きな女の子を言い合った事が。当然二人は全てを見せ合ったわけで、団結したはず...ですが、さにあらず。

その友人、僕が好きな女の子にその事を言っちゃったんですよね。そして、その女の子が

『嘘~。気持ち悪い!』

ってコメントしていたと僕の耳に入ってきたのに時間がかかりませんでした(^_^;)。恥ずかしい部分を共有共感ではなく、それを利用された事に当時は激しく落ち込んだもんです。激しく失恋するわ...人に裏切られるわ。

 

 

...と、黒歴史を告白してみました。さて少し好感は持っていただけたでしょうか?