鮮度0%(ゼロパー)

ネタに鮮度は無くても、借り物ではない自分の言葉を書き尽くす事 これがモットーなり

今は情報洪水注意報...これからのネットで必要とされる情報を書いていきたい

こんばんは、「さるびー」です。

突然ですが、以前開設したブログに「情報洪水注意報」というタイトルをつけたことが。その主旨はあまりにも目の前に溢れ出る情報の中から、いかに必要なモノを吸収するか、また不要な情報を排除するか...いわゆる「情報を斬る!」というコンセプト。ただ残念ながら

情報を斬る前に自らブログを自決させちゃいました

けど。本当残念な事をしました(^_^;)。

改めてネット情報について

その残念なブログでは充分に達成できなかった事ですが、少し考えてみる事にします。さて今あらためてネットで重宝されている情報を考えると

  • 多くの人が興味を持っている情報
  • 既報ニュースの最新情報
  • これから自分が経験する前の他人の経験情報

このあたりが挙げられるかなと。これらをGoogle等で検索をして探す...それがネットと情報を渡り歩く定番ですね。

だからかなのかな。「ブログアクセスを劇的に増やすための、たった5つの方法」的なサイトには、上記の法則に則った記事を書くべしとあるわけ。僕もよく言われてました。

  • なるべく興味を持っている分野に絞って書くべし
  • 新しい情報を次々に発信すべし
  • モノを紹介するのであれば、自分で経験して他と比較すべし

などなど。これ先に言っときますと、それなりに効果はあります(きっぱり)。僕レベルの駄文しか書けなくても、アクセスは上がります。で、それをみてブログを書くモチベーションも上がります!しばらくは。

でも...疲れてきました。僕の場合はですが。

疲れた理由ってなんだろう

コレは何度か書いてますけど、書くよりもアクセス増やす事をせっせとするのが疲れたんですよね。もっと言えば自分が面白くない。でもネットの向こうの人達は

欲しい情報があって答えを欲しがっている

わけ。そうなんです...Googleで答えを探しているわけですね。

  • 最新スマホ機種の機能や使い勝手
  • おすすめのレストランやその評判

などなど。一般的には人が探している情報が必要とされてますね。何かを調べようと情報を得るというQ&A的な使い方をすればわかりますが、答えってたくさんでてきます。それだけ答えがでてくれば「もう答えは必要ないんじゃないかな」って。そして自分もそうだったんですが、

既にある答えを表現変えて記事にしているだけ

の自分にも気づいたわけです。

必要とされるネットでの情報について

これもそろそろ変化してくるんじゃないかと思ってます。始めから質問のある答え探しから、何か自分にとって示唆を感じるモノ探しへと。

僕は色々な人の名言サイトを読みます。別に名言を探しているのはなく、その名言から何か自分にとって示唆のある言葉がないかと。その行為は、Q&Aのようなはっきりとした質問への答え探しとは明らかに違います。これからのネット上の情報も、

答え探しではない情報探し

へと推移すんじゃないかと。答えが溢れている今の状況から強く思いますね。できれば、自分もブログで答えを書くのではなく、読む方にとって示唆を感じてもらえる記事が書ければ...なんて思ってますが。

...これは欲張り過ぎかなぁ。