鮮度0%(ゼロパー)

ネタに鮮度は無くても、借り物ではない自分の言葉を書き尽くす事 これがモットーなり

見た目はシンプルに、中身は洗練さよりも育ったスタイルで

こんばんは、「さるびー」です。

前回の話の続き。
シンプルなページが一番!ってことで、このブログデザインはそのように徹するつもり。ですが、ページに訪れた際に記事そのままが表示されるのではなく

一覧表示にしたいなぁ

と。なんかスマートに見えるっていうか単なる好みなんですが(^_^;)
このトップ画面表示の一覧化のカスタマイズに関しては

blog.wackwack.net

コチラ↑↑のページに詳しく書いてあり、そのまま(一部パソコン画面も一覧件数制限するように変更しましたが)適用させていただき

できたっ!

と喜んでました。ところが...

staff.hatenablog.com


なんと6/1に「はてなブログPro」では、このトップページ一覧表示が設定可能になったというニュースを発表。

『...おいおい。』

これがやりたくて、あちらこちらのサイトで情報収集し、ちょっとしたカスタマイズまでしたのに、できた瞬間これですかいな!...まっ早速カスタマイズを戻し、

機能は有効に使ってますけどね(^_^;)

さて一応ブログを書いているので、他の方のブログも色々と読みます。スタイルやデザインについては、今後も人の真似(?)をしながら究極のシンプルに徹していこうと目論んでます(^^)

ただ、最近ブログ読んでて思うのがデザインだけでなく

ブログの書き方やお作法までがテンプレート化されている

ようで、これは真似しない(いや、できない)んだろうなぁ...と。

よくあるのが

f:id:sarubee99:20170602212516j:plain

  • 概略が書いてあり
  • 目次で記事の一覧をしめし
  • 段落ごとに見出しやアイキャッチ画像をつけたりして
  • 段落の記事が書いてあり
  • 最後は「いかがでしたか...」みたいな言葉でしめる

もちろんこれが悪いって言ってるんでなく、むしろ

概略と目次で、欲しい情報があるのかどうか
見たい情報を見つけやすいように段落や画像でメリハリを
最後に伝えたかった記事の内容をふりかえる

情報を探している・欲しい人に向けては最適な方法と思ってます。素直に。ただ、

欲しい情報がはっきりしている人向け...とも。

一方僕がインターネットを始めた1990年代後半。
当時夢中になったのは、フォントいじりを駆使したテキストサイト

 
呉エイジ氏の「我が妻との闘争」をはじめとしたエッセイ。
健氏の「侍魂」
 
などなど今読んでも、そして何度読んでも読みたくなるサイト。欲しい情報を得るために読むのではなく、
 
どのような話で、どのように料理して、オチをつけるか先が見えない
 
単にそれを楽しみにしてたもの。そこにはテンプレートのようなものはなく、毎度驚かされた展開とテクニック。
 
アレが染み付いているんですわ。
 
当然彼らのような秀逸なモノは書けないのはわかってますけどねぇ。時代が変わろうが、やっぱりテキストサイトが好きだなぁ。
 
ってことで、借り物ではない自分の言葉で語るには、やはり好きなスタイルしかないっしょ。...こりゃ~ますますアクセス増えるどころか、孤島でのブログ生活が続きそうですな。
 
※参考サイト:呉エイジ note  おすすめコラム「すごい面接」
       侍魂 おすすめコラム「ヤングジャンプの大暴走」